--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-04

背番号は早い者勝ち?

 久々の更新ですが、お隣さんネタでスミマセン・・・(; ´Д`) 

 ACミラン、ルイ・コスタ退団で背番号「10」は意外にも・・・

 ミランの背番号「10」は、カ カ に な る ん じ ゃ な か っ た の ?

 以下、Livedoorスポーツのニュースより一部転載いたします。ミランの副会長ガリアーニさんのお言葉です。

「ルイ・コスタが去った後、クラレンス(セードルフ)から私に電話があり、『私が10番を引き継いでいいでしょうか?』と尋ねてきた。何も問題がないと思ったのでOKだと答えた」

 スゲー・・・ 単刀直入すぎというか、でしゃばってるなぁというか・・・。
 電話一本でこんなにあっさり決まってもいいものなんでしょうか?
 ミランの他の選手、特にマルディーニさんやコスタクルタさんの反応が少し気になります・・・。

 ふと思ったのですが、背番号ってどうやって決まるんでしょうかね?(特に入団時)
 背番号ってのは、空いている番号から選んだり、選手が交渉の際に番号を希望したり(もしくはフロントから「背番号●番をあげる」って提示する事もある?)、ってな感じで決定するでしょうけれども、上記のお言葉を聞く限りでは、「早いもの勝ち」っていう印象もありますねぇ~。

背番号10と23

 上の写真は知る人ぞ知る04-05CLのミラノデルビー時のサンシーロ大炎上時の写真です。
 シーンがアレなんですけど、マテ兄さんももちろん好きですし、この写真のルイ・コスタさんも背番号10がとても似合っていて、後姿に貫禄があるような気がします。
 やっぱり背番号10ってのは特別なものでしょうねぇ。
 セードルフの付けるミランの背番号10・・・どんなものでしょう?

 ちなみに、マテ兄さんの背番号23は、マテ兄さんがあこがれているマイケル・ジョーダン(バスケットボール)の背番号、マテ兄自身がご結婚された時の年齢、息子ジャンマルコ君の生まれた日からきてるらしいです。なのでマテ兄さんはこの23をラッキーナンバーとしてインテルでもアズーリでも付けているとの事です。

 そういえば、ミランはシェフチェンコがチェルシーに移籍してしまったので、背番号7も空く事になるのですね。一体誰が7をつけるんでしょう?
 ちなみにヘブライ語で「シェバ」は「(数字の)」を意味しているので、シェバはミランで背番号7を付けていたとの事です。なるへそ。
 でも、今までの活躍っぷりから「ミランの7=シェバ!」って印象がかなり大きいので誰が7をつけるのか全然想像がつきません・・・。
 それにしてもミランは、ルイ・コスタもシェバもいなくなって寂しくなるなぁ・・・。

 ところで、我らがインテルの10番、アドリアーノはこんな事言っています・・・。
 「ブラジル代表にはとてもすばらしい雰囲気があるが、僕のクラブはそうじゃない」って・・・('A`)
 チームで背番号10を付けている人が、そのチームの事をこのように言うのは・・・。ううむ。
 それでいいのか背番号10・・・?
スポンサーサイト

コメント

はぁー!?

なんですか!ソレ!?
でしゃばりすぎですね!!
ミランの10番はカカかピルロだと思ってたのに信じられないですわ~。
そりゃ誰だって10番ほしいだろうけど…。こんな直訴アリですか!?
背番号って実力で勝ち取って与えられるものではないのだろうか…。
そしてアドリ(泣)代表合流して暴走が止まりませんね…。
悲しいです…。

マテ兄貴&肘置きルイコスタの写真で現実逃避します…。
マ『もぅ疲れたから肩貸して…』
ル『いいよ…って肘置くのかよ!!』

ユリエさん
>背番号って実力で勝ち取って与えられるものではないのだろうか…。

なんか凄く同意します!
こんな方法で10番もらっても、そんな10番には価値が無いですよねぇ~。
アドは・・・見ていて悲しいですよね・・・。
こんなにチームのことをケチョンケチョンに言うのなら、もう出ていk(以下自粛)って感じになってしまいますよ・・・。

例のCL大炎上写真はいつ見てもすごいですね。ある意味芸術ですよね~。
一時期この絵をPCの壁紙にしていましたが、それがまた合うんです!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

FC2ブログ管理画面よりコメント拝見いたしました。
メルアド・URL等記入されてない模様なので、こちらで返信させていただきますm(__)m

確かに、セードルフがインテルにいた時は10番ですもんね~。
スルーパスの件についてもなるほど、と思いました。
まだまだ私もヒヨッコですね。精進したいと思っておりますm(__)m
CL大炎上の時は「メルクだめだ」と審判に怒っていたのと同時に、発炎筒投げられた事についてがっくりしていました。
でも、サッカーでこんな色んな意味で凄い写真が撮影されたのが一番衝撃的でした。

個人的には↓な感じだと思っています
マテ「燃えてますねぇ~、兄さん」
ルイ「ホントだね~、ダーメダコリャ~」
  (っていうかそのヒジは何だよ!離せコラ!)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://internopolog.blog7.fc2.com/tb.php/139-74d94d1d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。