--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-27

W杯決勝トーナメント イタリアVSオーストラリア

 イタリア 1 - 0 オーストラリア

 マ、マテ兄さん・・・・・・・

 どうして、あれが一発赤紙なんでしょう?

 せめてあれは黄紙でもおかしくなかったはずだ!!!
 なんかポルトガルVSオランダ戦といい、審判がすごく微妙ですね・・・。
 マテ兄さんの退場も微妙ですし、後半ロスタイムのグロッソが転ばされて得たPKもなんだかマテ兄さん退場の帳尻あわせみたいでとても微妙です・・・。PKが決まった瞬間は凄く嬉しかったのですけどねぇ・・・。
 四年に一度のサッカーの祭典だっていうのに、その試合が審判によってぶち壊しになってしまうなんてありえないと思いますし、審判さんもこの祭典にふさわしいジャッジをして欲しいと思います!
 日本VSオーストラリア戦も日本に与えられるべきPKが見過ごされたし・・・。('A`)

 マテ兄さんは赤紙で退場した時、手を挙げていたのですが、その直後にとても悲しそうな顔をしてピッチを後にする姿を見ました・・・。
 「これぞマテ兄さんクオリティ」ってのを通り越してメチャクチャ悲しかったです・・・(つд`)
 もう、あの瞬間私はただ ( ゚д゚)ポカーン とするしかなかったです・・・。
 前半からいい感じのロングフィードを何回も出していたし、調子が良かったのになぁ・・・。
 マテ兄さんはPKを決めたトッティやPKゲットしたグロッソ、ガッちゃんやカンナさん、その他アズーリの皆さんに感謝しなくてはなりませんね(汗)

 それにしても、一人足りないのによくぞあそこまで持ちこたえた!!
 オーストラリアの猛攻を跳ね除けているのを見て「カテナチオ」の片鱗を垣間見たような気がしました。
 後半デルピエロに変わったトッティは凄かったです!
 PK決めた瞬間に思わず「エル・プリンシペ フランチェスコ・トッティ!!」(WCCFのアレ)を叫びそうになりました(恥)
 足を怪我していたのでまだまだ本調子とはいえないみたいですが、気迫を感じたような気がします!
 イタリアは2002年のW杯決勝トーナメント1回戦でヒディング率いる韓国に負けてしまい、その時はトッティが赤紙退場となってしまいましたが、その4年後ヒディング率いるオーストラリア相手にトッティがPKゴールを決めて見事リベンジを果たしました。何だか感慨深いですね。

 トッティと交代したデルピエロは・・・もう少し頑張れなかったものだろうか・・・。

 この次のウクライナ戦のCBは誰になるんだろう・・・?バルザリか?
 しかも相手はあのシェフチェンコです。ネスタさんは間にあうのでしょうか・・・。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。