--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-06-04

背番号は早い者勝ち?

 久々の更新ですが、お隣さんネタでスミマセン・・・(; ´Д`) 

 ACミラン、ルイ・コスタ退団で背番号「10」は意外にも・・・

 ミランの背番号「10」は、カ カ に な る ん じ ゃ な か っ た の ?

 以下、Livedoorスポーツのニュースより一部転載いたします。ミランの副会長ガリアーニさんのお言葉です。

「ルイ・コスタが去った後、クラレンス(セードルフ)から私に電話があり、『私が10番を引き継いでいいでしょうか?』と尋ねてきた。何も問題がないと思ったのでOKだと答えた」

 スゲー・・・ 単刀直入すぎというか、でしゃばってるなぁというか・・・。
 電話一本でこんなにあっさり決まってもいいものなんでしょうか?
 ミランの他の選手、特にマルディーニさんやコスタクルタさんの反応が少し気になります・・・。

 ふと思ったのですが、背番号ってどうやって決まるんでしょうかね?(特に入団時)
 背番号ってのは、空いている番号から選んだり、選手が交渉の際に番号を希望したり(もしくはフロントから「背番号●番をあげる」って提示する事もある?)、ってな感じで決定するでしょうけれども、上記のお言葉を聞く限りでは、「早いもの勝ち」っていう印象もありますねぇ~。

背番号10と23

 上の写真は知る人ぞ知る04-05CLのミラノデルビー時のサンシーロ大炎上時の写真です。
 シーンがアレなんですけど、マテ兄さんももちろん好きですし、この写真のルイ・コスタさんも背番号10がとても似合っていて、後姿に貫禄があるような気がします。
 やっぱり背番号10ってのは特別なものでしょうねぇ。
 セードルフの付けるミランの背番号10・・・どんなものでしょう?

 ちなみに、マテ兄さんの背番号23は、マテ兄さんがあこがれているマイケル・ジョーダン(バスケットボール)の背番号、マテ兄自身がご結婚された時の年齢、息子ジャンマルコ君の生まれた日からきてるらしいです。なのでマテ兄さんはこの23をラッキーナンバーとしてインテルでもアズーリでも付けているとの事です。

 そういえば、ミランはシェフチェンコがチェルシーに移籍してしまったので、背番号7も空く事になるのですね。一体誰が7をつけるんでしょう?
 ちなみにヘブライ語で「シェバ」は「(数字の)」を意味しているので、シェバはミランで背番号7を付けていたとの事です。なるへそ。
 でも、今までの活躍っぷりから「ミランの7=シェバ!」って印象がかなり大きいので誰が7をつけるのか全然想像がつきません・・・。
 それにしてもミランは、ルイ・コスタもシェバもいなくなって寂しくなるなぁ・・・。

 ところで、我らがインテルの10番、アドリアーノはこんな事言っています・・・。
 「ブラジル代表にはとてもすばらしい雰囲気があるが、僕のクラブはそうじゃない」って・・・('A`)
 チームで背番号10を付けている人が、そのチームの事をこのように言うのは・・・。ううむ。
 それでいいのか背番号10・・・?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。